サイトマップを用意してわかりやすいサイトを実

利用者にとって分かりやすいサイトを作りたいと思っている人は多いと思います。

そのためにコンテンツの文章や画像を変えたり、レイアウトを変えて利用者の様子を見ていると思います。

確かにこれらの対応は分かりやすさを改善するために大切な行動ですが、ページ数が増えてくるとメンテナンス作業の負荷が大きなものになり対応に限界を感じてきます。

本日は、「サイトマップを用意して利用者にとってわかりやすいサイトを実現する」ついてまとめようと思います。

分かりやすいサイトマップがあると便利

サイトマップとは

そもそもサイトマップを用意していますか。

Webに弱い人が運営していたり、ページ数が少ないサイトではサイトマップが用意されていないことが多いです。

サイトマップはその名の通りサイトの地図のことです。サイト内のページ一覧です。

全てのページへのリンクをここで表示する必要はないですが、全体図が分かるように重要なページは表示しましょう。

 

※サイトマップは実はもう一つあります。それは検索エンジン向けのサイトマップです。xml形式のファイルで保存します。サイトリニューアルやコンテンツを追加した時にこのxml形式のサイトマップを修正し、検索エンジンにインデックス登録の依頼を行うとスムーズにサイトやページが検索エンジンから認識されます。SEO対策として必要なものです。

 

サイトマップを作成する

基本的には他のページ作成と同じようにhtml形式のファイルを作成します。

コンテンツ数が少なければ、全てのページを表示して良いと思います。

コンテンツ数が多く全てのページを表示すると、利用者にとって目当てのページを探すことが難しくなるので、その場合は重要ページのみ表示するようにしましょう。

どのページが重要であるのか、把握しておく必要があります。

 

xml形式のファイル作成

簡単にサイトマップを作れるサイトを紹介します。

xml形式のファイルを作った後に、サーバーにアップロードして検索エンジンに送りましょう。

◯xml Sitemaps.com

https://www.xml-sitemaps.com/

 

サイトマップを表示する

サイトマップ自体が利用者に見つかり難い場所に表示されていると意味がありません。

通常、サイトマップはフッター部分(ページ下部)に表示することが多いのでこの場所にリンクを貼りましょう。

もちろん、トップページのフッターだけでなくどのページにも同じように設置することが重要です。

特にコンテンツ数が多いサイトだとサイトマップを利用する人が多くなるので、フッターではなくヘッダー部分(ページ最上部)に表示しても良いかもしれません。

 

<ポイント>

兎に角、どのページにも同じ場所に表示すること

 

メンテナンスをする

ホームページの運営を行っているとどうしてもトップページや商品ページのメンテナンスに注意が向いてしまいます。そしてサイトマップの更新を忘れてしまうケースが起きてしまいます。

利用者の立場に立つとサイトマップは目当てのページにアクセスするために重宝するものです。サイトマップで目当てのページへのリンクを見つけ、クリックするとNot Foundや別ページに飛ばされるとすごくがっかりしてしまいます。

 

ページ変更時には必ずサイトマップをメンテナンスすることを業務フローに入れておくことが大切です。

 

<ポイント>

ホームページの利用者のためにも、サイトマップの最新化は運営者にとって重要な仕事だと認識することが大切です。

Facebooktwittergoogle_plus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA