ページ毎に異なるタイトルを用意して魅了せよ

ユーザーとサーチエンジン共に魅力的なタイトルを」の追加記事を書きます。

先日の記事では主にトップページのタイトルの付け方について取り上げましたが、その他のページについてもタイトルを適切につけることが求められます。

絶対に行ってはならないのは、トップページと同じタイトルを全てのページでつけていることです。

心当たりのある方は今日の記事を参考にご自身のホームページのタイトル修正をしてみてください。

本日は、「ページ毎に別タイトルを用意する」についてまとめようと思います。

トップページ以外もしっかり考えたタイトルをつけたい

“ページ毎に異なるタイトルを用意して魅了せよ” の続きを読む

Facebooktwittergoogle_plus

ブログからホームページに誘導する

私はこのブログの他にアメブロも使っています。アメブロを見ていると、ブログ記事の中やメニューにホームページへのリンクを載せている人がいます。ブログ記事を読んで興味がわくと、このリンクを押してホームページも見てしまいます。

それはホームページの方がブログよりも質の高い記事があると思い期待しているからです。

一方、同じようにブログの記事やメニューにホームページへのリンクがあってもホームページを見ないこともあります。この差はどこにあるのでしょうか。

ブログからホームページに利用者を誘導する

本日は、ブログからホームページに誘導するについてまとめようと思います。

“ブログからホームページに誘導する” の続きを読む

Facebooktwittergoogle_plus

ついつい先を読みたくなるメルマガの書き方

メルマガに関する悩み相談の中で圧倒的に多いのは「何を書いてよいのか分かりません。」というものです。

「セール情報ばかりだと安売りしているお店のように思われる」や「そもそも長い文章を頻繁に書くのは難しい」といった声を受けます。

本日は、ついつい先を読みたくなるメルマガの書き方についてについてまとめようと思います。

ついつい先を読みたくなる

“ついつい先を読みたくなるメルマガの書き方” の続きを読む

Facebooktwittergoogle_plus

SNSからホームページに誘導する

先日公開した「メディアに役割を持たせる」の続きです。

SNSはSNS内での利用者への情報発信や交換することだけでなく、自社のホームページに誘導する入口として有望です。

多くの人が利用しているSNSを使えば、多くの人にコンテンツの拡散することも期待できます。

 

本日は、SNSからホームページに誘導するについてまとめようと思います。

“SNSからホームページに誘導する” の続きを読む

Facebooktwittergoogle_plus