利用者の声の集め方

利用者の声を集めたい

みなさん、
ホームページやブログの利用者から感想やアンケートは集めていますか。

頂いているとすれば、その「利用者の声」はどのような内容ですか。

予想していた内容ですか、それとも全く予想に反する内容ですか。

アンケート

利用者の声は、それ自体が貴重な情報です。

利用者があなたが提供する商品やサービスについてどのように考えているのか、フィードバックを得られるチャンスです。

また、これまで利用されていない方が利用するきっかけとなる情報でもあります。

 

今回は、その重要な利用者の声をどのようにして集めれば良いか、悩んでいる方に記事を書きたいと思います。

 

アンケートの内容は大切

アンケートをとれたとしても、
・良かったです
・すごくためになりました
・楽しかったです

という内容であれば、利用者の声を集めた意味はほとんどありません!

なぜなら、
アンケートに応える人は基本的に「あなたやあなたのサービスに興味があり、記入している」からです。

ですので、
良かったです。というのは当たり前の反応なのです。
(良くなかったとしても、義理でこのような回答をすることがあります)

アンケートをとる時に最も重要なことは、本音をきくことです。

本音をきくことができなければ、
精度の低い内容となってしまうので、ほとんど意味のないものといってよいと思います。

 

利用者から本音を聴く方法

では、
どのようにして本音を聴けば良いのでしょうか。

目的を丁寧に説明する

「アンケート取得の目的や用途を説明し、あなたのアンケートが今後のサービス提供にすごく役にたつのでお願いします!」という感じで協力を仰ぐことがあります。

初めて利用された方やまだ来店回数が浅い方については響かない可能性がありますが、何度も利用されているお客様には効果的です。

親身に普段思っていることを教えてくれるので、色々な発見が期待できるでしょう。

 

口頭で質問する

もう一つは、
「アンケート記入を任せず、何気ない会話からアンケート内容に当たる質問をして口頭で聴くこと」です。

私は、なるべくアンケートを記入するのではなく、会話の中から相手の本音を引き出すことが好きです。
相手にもアンケート記入の負担(時間や労力)を減らすことができるので、好んでやっています。

利用者の声の収集方法で困っている方はお試しください。

Facebooktwittergoogle_plus