メディアに役割を持たせる

企業であればホームページ、ブログ、twitter。個人事業主であればアメブロ、facebook、twitter、インスタグラム。
一つの媒体だけではなく、複数の媒体を使っていることと思います。

SNSなどのメディアを上手に使う

本日は、メディアに役割を持たせるというテーマで書きたいと思います。

得意不得意がある

使っていると段々分かってくると思いますが、メディアによって得意不得意があります。ここでは主要なインターネットメディアについてまとめます。

メディア 特徴
ホームページ(自作) レイアウトやデザインなど自由に自作することができるが、HTMLに関する一定の知識が必要となる。
ホームページ(cms) 多くのコンテンツを抱えるHPでは運用管理が煩雑になりやすい。CMSを利用すれば運用を簡素化することができるが、制作に一定の制限が入る。
ブログ(自作) 主にwordpressなどのCMSを利用して作成している。自社のHP内でコンテンツを簡単に増やすことができるので、HPのアクセス増化に貢献できる。
アメブロ HTMLの知識がなくても簡単にブログを始めることができるサービス。
twitter 簡易ブログ。ブログよりも簡単に始めることができる。深い内容を書くというよりもこの瞬間の情報を発信共有しやすい。
facebook 個人プロフィールを公開して友達とのつながりを作る。友達限定のコンテンツ公開や一般向け公開など、情報公開範囲を変えることができる。
instagram 写真などの画像公開をメインとしたもの。女性を中心に画像を多く公開したい人に使われている。
Line 知り合いと閉じたコミュニケーションツール。

発信し続けることは大変

どのメディアにも言えるのですが、使用しない期間が増えると読者・利用者は離れていきます。

また、twitterなど即時性が売りのものは頻繁な更新が求められるなど、求められる発信頻度も変わります。

本業をやりながら全てのメディアの情報発信をどれも十分に行うのは非常に大変な作業です。発信する情報のネタ探しから情報の作成・加工、そして発信とやることは沢山です。

また、同じ読者がfacebookもホームページにもアクセスし、全く同じことが書かれていたら、がっかりしませんか。複数のメディアを利用している方もいることを忘れずに、見る側の立場に立って異なる情報を発信し続けることが求められます。

 

役割を持たせる

このように、インターネットメディアを利用することで広く情報を発信することができますが、利用者との関係を維持するためには質の高い情報を発信し続けることが求められ、それはかなりのパワーが必要とするものです。

ですので、メディア毎に役割を持たせて情報発信を効率的に行うと共に、発信する情報の質を高めていく仕組みを作っておくことが求められます。

例えば、ブログの記事を読んで欲しいのであれば、質の高いブログの記事を用意し、facebookやtwitterでブログ記事の紹介を行う対応を行います。

ブログ記事へのリンクを単に載せるものではなく、ブログ記事を読んでみたくなるような文で紹介することです。特にブログの記事を見てほしいと思うひとに、ビビッとくるような紹介文が最高です。

Facebooktwittergoogle_plus