ネットショップで使いやすいサイト設計

使いやすさとは、ホームページの利用を高める上で非常に重要なもの一つです。

特にネットショップでは使い勝手が直接お店の売上に直結する大きなものです。

使いやすさはネットショップでの購入に直結する

 

本日は、ネットショップにおける使いやすいサイト設計についてまとめようと思います。

整理して分かりやすく

コンテンツ全体を整理して分かりやすく表示することが大切です。

整理して分かりやすく表示するということは、

・ページ内の文章や画像を適切に配置する

・似たようなコンテンツを一つのまとまりとして、ディレクトリ構造を決める

・利用者が使用するデバイス(スマホ、PC、タブレット等)に合わせて表示サイズや構造を変える

・利用者にとって分かりやすい言葉を使用したり、特別な説明を入れる

 

購入手続きや配送などの情報を目立つ所に設置する

商品だけでなく、購入手続き(支払い方法や購入関連のやり取り等)や配送は大きな関心事です。

商品と同じように目立つ場所に設置することが重要です。

また、説明も整理して分かりやすく記述することはもちろん、他社や業界標準と異なる点があれば目立たせることが求められます。

購入経験が多い人ほど、このページを見ずに注文してしまい後でトラブルとなることもありますので、注文前に必ず一読できるように設計したいです。

 

同じ場所に表示する

あるべき所にある、ということが重要です。

利用者に商品ページや支払いページなどを探す行為をさせない設計が求められます。

どのページにも上部にトップメニュー、左に商品カテゴリバナー、右に内部検索ボックスが表示されているなど、重要なページはどのページにも同じ場所に設置したいものです。

特に重要な商品カテゴリや購入手続き、問合せなどへのリンクはどのページにも同じ場所に表示しましょう。

商品カテゴリを表示する

「商品カテゴリや内部検索は大事」でも紹介しましたが、商品カテゴリを表示することは大切です。

ネットショップでは、「購入する」ことを目的として利用している人がほとんどなので、商品一覧や商品カテゴリを見たいと思う人は多いです。

商品カテゴリページへのリンクはナビゲーションメニューやサイドメニューといった目立つ所に設置することをおススメします。

よくある質問ページを設ける

「よくある質問ページを設けいていますか」でも紹介しましたが、よくある質問ページを用意することは大切です。

お客様からの質問・相談はその人だけに限ったものでなく、多くの人が共通して抱えている問題であることが多いです。

よくある質問ページを設けると、疑問に思った人が質問する前に回答できるので利用者の安心感につながります。問合せすることに躊躇する人も多いので、もやもやしたままそのサイトを離脱させず、スッキリさせることが購入へとつながるでしょう。

特に多い質問についてはよくある質問ページから独立させて1ページ設けてみることも利用者にとって喜ばれることです。

 

Facebooktwittergoogle_plus