間違ったSEO対策を行っている人が多くいます

ホームページやブログを持っている人はよく聞くワードだと思いますが、SEO対策のことを本当に理解していますか。

お客様と話をしていると間違った認識をしていて、間違った対応をしていることも多々あります。

その間違いのほとんどは、SEO対策についての噂話を信じて曖昧な情報を元にしているものと、情報が古くなっていて現在の検索エンジンに対応していないものが多いです。

本日は、SEO対策についてまとめようと思います。

SEO対策

 

SEO対策とは

SEO(Search engine optimazation)とは、検索エンジン最適化対応のことです。

つまり、googleなどの検索エンジンが作成したページを発見し、インデックス登録することをスムーズにするものです。ページ内容を理解しやすい状態にする一連の対応のことを指します。

SEO対策を行っていなければ、折角ホームページを作っても検索エンジンが発見してくれずgoogleやyahooなどの検索エンジン利用している人がサイトを発見できない状況になってしまいます。

孤島に遊園地を作っても地図に示されていないような状態になってしまいます。

 

SEO対策を行うことのメリット

・検索エンジンからのクロールの頻度が上がる。新規ページの登録が早い。

・利用者がホームページを開いた時のページスピードが速いためストレスがない。

・利用者が好むコンテンツを知ることができる。

・日々変化する検索エンジン市場についての理解が深まる。

 

それでは、一つずつ内容を見ていきたいと思います。

 

検索エンジンからのクロール頻度が上がる

ページを作成し公開しても検索エンジンにすぐに発見・登録されることはありません。検索エンジンに登録されない/遅ければ、検索ユーザーの画面に表示されないのでアクセスも少ないです。

サイトマップ送信などを通して検索エンジンにページの新規作成・変更・削除などを通知し登録してもらうことが求められます。検索エンジンの登録を手伝うことを繰り返していくと、検索エンジンからのクロール頻度も上がってきます。

 

ページスピードの向上

ページ速度はSEO対策の一つです。ページの読み込み速度が遅ければ利用者はページが表示される前に離脱することがあります。1秒以内には表示したいものです。

ページ読み込み速度を下げている原因は様々です。

画像が多い・重い、外部ファイルの読み込みが多い、サーバーのレスポンスが遅い、キャッシュ設定が甘い等、作成したファイル以外の要素も絡んでくるので十分な知識が必要な対策となります。

ページの表示スピードが速いと利用しやすい

利用者が好むコンテンツの特定

人気のあるコンテンツは検索キーワードに対する表示順位やクリック数が高いものです。

利用者がどのような目的でそのページを訪れたのか、他サイトとどちらが好まれているのか等、分析することで利用者が好むコンテンツの傾向が読み取れます。

利用者に好まれるサイト構築に使える情報がたくさんあります。

 

検索市場についての理解が深まる

Googleを始め検索エンジンのアルゴリズムは一定ではなく変化しています。

検索順位は日々変化するものですが、検索エンジンのアルゴリズムが変わるとこれまで上位に表示されていたサイトが一斉に下方修正されたり、その逆があったりします。

ある期間に上位にあったからといって永久にその順位が保てるわけではないのです。

過去の対策がずっと有効というわけではないのです。

検索エンジンが推奨するhtmlコーディングを実践し続けることが求められています。

(参考)

google 品質に関するガイドライン

Bing のウェブ マスター向けガイドライン

Facebooktwittergoogle_plus